秋季リーグ 第3戦

2017.10.1

NEXT GAME

相模原ギオンスタジアム

12:30 開始

2011 Xリーグ 1st Stage 第1節 vsオービックシーガルズ

2011/9/7(水) 19:00キックオフ @東京ドーム
試合レポート
オービックシーガルズ 24 - 19 ノジマ相模原ライズ
3 1QT 0
7 2QT 6
7 3QT 0
7 4QT 13
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG
1 09:23 FG #1金親 25                        
                  2 00:06 PASS #5木下→#88大滝 22 KICK #99木村 NG
2 02:55 RUSH #20古谷 19 KICK #1金親 G                
3 06:53 RUSH #6菅原 3 KICK #1金親 G                
                4 01:36 FG #16出澤 28      
                4 06:04 FG #16出澤 29      
4 09:44 PASS #6菅原→#85萩山 14 KICK #1金親 G                
                4 10:22 RUSH #5木下 13 KICK #16出澤 G
スタッツ
19 (7 - 9 - 3) ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 14 (6 - 8 - 0)
24 - 18 - 0 184Yds (パス) 試投 - 成功 - インターセプト / 獲得ヤード 16 - 8 - 0 158Yds
26 - 115Yds (ラン) 回数 - 獲得ヤード 23 - 121Yds
50 - 299Yds (攻撃) 回数 - 獲得ヤード 39 - 279Yds
8 - 27Yds (反則) 回数 - 損失ヤード 10 - 71Yds
3 - 3 (ファンブル) 回数 - 喪失 0 - 0
1 - 1 (フィールドゴール) 回数 - 成功 2 - 2
26:00 TIME OF POSSESSION 22:00

試合レポート

2011年9月7日、東京ドーム、Xリーグに復帰したノジマ相模原ライズ、第1戦です。

ファンの気持ちはすべて同じです。今シーズン最終戦もここ東京ドームで、勝って終わりたい。
そうです、今シーズン日本一を目指すという気持ちです。
そして、相手はオービックシーガルズ。ディフェンディングチャンピオンです。

コイントスに勝ってレシーブを選択したライズ、シーガルズのキックオフで試合開始です。
#28RB杉原が自陣31ヤードまでリターンしてライズ最初のオフェンスシリーズです。
#28杉原のキャリーで中央、オープンとつきますが2回のラン攻撃でノーゲイン、
3rdダウン10の攻撃、#5QB木下から中央の#25WR前田へとパスが投げられますが、
ややオーバースロー、3rdダウンコンバージョン失敗です。

パントとなって、相手陣35ヤードからのシーガルズの攻撃です。
#20RB古谷のラン、#6QB菅原のパスを織り交ぜて相手陣5ヤードまで攻め込みます。
ここでライズディフェンスにビッグプレーが飛び出します。
エンドゾーン目前のシーガルズ、#20古谷のランプレーですが、
ライズ#8DT寺島がブロックをかわし右へパーシュート、そして猛タックルをあびせます。
古谷たまらずファンブル、リカバーは#55LB安川です。
ライズディフェンス、しぶとく守りきり、ついにターンオーバーを奪取しました。

自陣深くからのライズの攻撃は味方のペナルティもあり、3アンドアウトで終了、パントとなり、50ヤードからのシーガルズの攻撃となります。

シーガルズは、#6菅原から、#85WR萩山、#18WR木下へのパスが決まり、相手陣深く、8ヤードまで攻め込みます。
しかし、ここからしぶといライズディフェンス、TDを許さないパスディフェンス、#12CB石黒のナイスタックルがあり、
シーガルズ、フィールドゴールの3点にとどまります。
(1Q 09:23 ライズ 0-3 シーガルズ)

シーガルズキックオフを、#28杉原が16ヤードのリターンで、自陣32ヤードからのライズの攻撃です。
#28杉原のラン、#81WR井上繁明へのパス、さらには、#5木下のQBドローなどで1stダウンを重ね相手陣へ攻め込みます。
ライズオフェンス、リズムが出てきました。
ここで#5木下から#7WR井本へのパスがヒットします。
ベテランのナイスキャッチで相手陣22ヤードへと攻め込み、1stダウンの攻撃です。

そして、そして1stダウン10の攻撃、#5木下のパスが、右からポストへと上がった#88WR大滝にとおります。
そのままエンドゾーンに持ち込み、
タッチダウン!!、ライズXリーグ戦初の得点です。シーガルズを逆転します。
(キック失敗、2Q 00:06 ライズ 6-3 シーガルズ)

続くシーガルズのオフェンスシリーズ、キックオフが右に浮き、自陣40ヤードからの1stダウンです。
ここが踏ん張りどころのライズですが、#83WR清水へのパス、#20古谷のランと立て続けにロングゲインを決められ、タッチダウンを許してしまいます。
(キック成功、2Q 02:55 ライズ 6-10 シーガルズ)

シーガルズのキックオフで試合再開です。
ボールを高く浮かせたオンサイドキックまがいのキックです。
これをライズがダイレクトで取れず、ワンバウンドしたところをシーガルズにキャッチされてしまいます。

相手陣34ヤードからのシーガルズの攻撃となります。
ライズピンチを迎えました。
#6菅原のパス、#20古谷のランなどでライズ陣6ヤードまで攻め込まれてしまいます。
しかしここで再びライズディフェンスが踏ん張ります。
#90DT伊倉のファンブルフォースを、#41DE中村岬がリカバーし、ターンオーバー、ライズディフェンスの踏ん張りでピンチを脱出します。

その後ライズの攻撃ですが得点に至らず、続くシーガルズの攻撃半ばでハーフタイムとなります。
(前半終了 ライズ 6-10 シーガルズ)

ハーフタイムショー、可愛らしいキッズチアの後は、トップチアのパフォーマンスです。
帰ってきたXリーグの舞台、それも開幕初戦の東京ドームという大舞台、
ダイナミックなチアダンスとともに、チアの笑顔が弾けています。
ディフェンディングチャンピオンを相手に
僅差の好ゲームを展開するライズに、チアの応援も熱が入ります。
さあ、後半の逆転劇を期待しましょう。

後半開始のキックオフ、#99DT/K木村健太郎のキックは20ヤード付近でキャッチされ、自陣37ヤードまでリターンされてしまいます。
シーガルズは小刻みにゲインし、相手陣40ヤードで3rdダウン8のシチュエーション、後半開始早々の勝負どころです。
ここで相手パスプロテクションが堅く、#6QB菅原から、#83WR萩山へと16ヤードパスを通されてしまいます。
そして、ずるずると後退を続け、最後は、#6菅原にQBスニークを決められ、タッチダウン、ライズリードをひろげられてしまいます。
(キック成功 3Q 06:53 ライズ 6-17 シーガルズ)

シーガルズのキックオフで試合再開です。
リターナー#28RB杉原が20ヤードのリターンを見せ、自陣35ヤードからのライズの攻撃です。
相手オフサイドを誘発するオフェンスラインのシフトプレー、#28RB杉原がダウンフィールドに出てのパスキャッチなど多彩な攻撃を見せ、
相手陣深く10ヤードまで攻め込みます。
しかしここでタッチダウンを奪えず、#16出澤のフィールドゴールにとどまります。
(4Q 01:36 ライズ 9-17 シーガルズ)

そして、ライズのキックオフのあと、自陣41ヤードからのシーガルズの攻撃、ライズディフェンスのプレッシャーがきつく、
#6菅原がたまらずファンブル、リカバーは#90DT伊倉です。
シーガルズ、本日3回目のターンオーバーを喫します。
キャプテン伊倉がボールを高々と掲げてサイドラインに帰ってきます。

さあ、絶好のフィールドポジションからのライズの攻撃、#5QB木下から#81WR井上繁明への11ヤードパス、
RBにダブルフェイクを入れた#5木下のQBキープ、さらにシーガルズディフェンスのラフィングザパサーの反則があり、
相手陣2ヤードまで攻め込みます。
しかししかし、ここでも攻めきれず、#28杉原、#3RB宮幸のランプレーが相手ディフェンスにはね返されてしまいます。
結局#16出澤のフィールドゴールの3点にとどまります。
(4Q 06:04 ライズ 12-17 シーガルズ)

そして自陣33ヤードからのシーガルズの攻撃、
いきなり最初のプレーで#18WR木下へのパスが通り、ライズ陣31ヤードまで攻め込まれます。
それでもライズ、必死のディフェンスです。#8DT寺島が相手QB菅原を止め、
#6CB清水が相手レシーバーのランアフターキャッチを許さず、ロスタックルでしとめます。
しかし、ライズディフェンスの踏ん張りもここまで、最後はエンドゾーン内右奥へ浮かせたパスをキャッチされ痛恨のタッチダウンとなってしまいます。
(キック成功 4Q 09:44 ライズ 12-24シーガルズ)

残り3分を切ったライズの攻撃は自陣41ヤードから。
右サイドライン際をかけあがった#88WR大滝にパスが通ります。
なんと46ヤードのロングゲイン、
次のプレーで、#5木下がQBキープ、中央を走りぬけ、相手ブロックをかわしエンドゾーンへ、タッチダウンです!!
ライズ、自陣から2プレーでタッチダウンをもぎ取りました。
(キック成功 4Q 10:22 ライズ 19-24シーガルズ)

しかし、残り時間1分38秒でのオンサイドキックは失敗、その後はシーガルズに時間を費やされ試合終了です。
(試合終了 ライズ 19-24 シーガルズ)

Xリーグ初戦、惜しくもオービックシーガルズに敗れてしまいましたが、次へと大きな期待を抱かせる戦いでした。
「悔しいです、今までで一番悔しいです」といった伊倉キャプテンの思いを、9月16日、所同じく東京ドームで
選手、スタッフ、チア、そしてファンの皆様、すべてのライズ力で対IBM戦にぶつけましょう。

(記事:石川)