秋季リーグ 第3戦

2017.10.1

NEXT GAME

相模原ギオンスタジアム

12:30 開始

2012 Xリーグ 1stステージ第五節 vs 明治安田パイレーツ 試合結果

2012/10/21(日) 13:30キックオフ @横浜スタジアム
得点経過 スタッツ 個人記録 試合レポート ヘッドコーチ談話
ノジマ相模原ライズ 35 - 6 明治安田パイレーツ
7 1QT 0
14 2QT 0
0 3QT 0
14 4QT 6
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG
19:58RUSH#25東松1KICK#16出澤G
23:34PASS#5小島→#16出澤23KICK#16出澤G
26:47RUSH#5小島12KICK#16出澤G
41:12RUSH#22木村2KICK#8高野NG
43:37PASS#5木下→#15出島15KICK#3岩崎G
411:11RUSH#5小島→#20杉原15KICK#3岩崎G
スタッツ
20 (8-12-0)ファーストダウン(ラン - パス - 反則)23 (7-13-3)
23-18-0(パス) 試投 - 成功 - インターセプト42-21-0
235yds獲得ヤード226yds
27-189 yds(ラン) 回数 - 獲得ヤード22-78 yds
50-424 yds(攻撃) 回数 - 獲得ヤード64-304 yds
8-85 yds(反則) 回数 - 損失ヤード7-47 yds
0-0(ファンブル) 回数 - 喪失0-0
0-0(フィールドゴール) 回数 - 成功1-0
23:41TIME OF POSSESSION24:19
個人記録
RUSHING
NO. PLAYER ATT YARDS TD LG    
10小島565131
25東松751130
5木下736020
36鈴木217014
2宮幸216016
20杉原3404
341000
PASSING
NO. PLAYER ATT COMP INT YARDS TD LG
5木下15100143020
10小島88092223
RECEIVING
NO. PLAYER NO YARDS TD LG    
88大滝666022
16出澤461123
19中田130017
20杉原120115
15出島115015
89113013
39石井1909
2宮幸1808
32金子1808
851505
FIELD GOAL
NO. PLAYER 1 2 3 4 5 Att-Good

試合レポート

いよいよ1stステージ最終節。対戦相手は明治安田パイレーツ。
前日の他チームの試合結果により、EASTディビジョンの2位通過がすでに決定的となっていたライズだがここはしっかり勝っておきたい。

第1Q、ライズのレシーブで試合開始。最初のシリーズはパス中心で攻め込んだものの、不正なブロックの反則などややバタついた攻撃となり、パント。
パイレーツの攻撃は#22を中心に連続ファーストダウンを奪うが、ライズディフェンスはさほどゲインを許さずこちらもパントに。
再びライズはパスを中心に攻め込み、#5QB木下自らの20ヤードランや#25RB東松の30ヤードのロングゲインなどでゴール前へ。
残り1ヤードとしたところで#25RB東松が飛び込みタッチダウン。TFPも決め7-0とした。

第2Q、パイレーツの攻撃も#9DTトゥイカのナイスタックルなどあり4thダウンでパントに。
ここで#55安川が猛ラッシュでパンターにプレッシャーをかけ、ライズ自陣45ヤードからと、いい位置からの攻撃に変わる。
ライズは#10QB小島を投入。#88WR大滝への高いパスを決めると、自ら12ヤードを走り再びファーストダウン。
最後は#16WR出澤がパスキャッチし、ディフェンスをうまくかわしてタッチダウン。TFPも決まり14-0。

変わってパイレーツの攻撃はライズDLの猛烈なラッシュで反則なども誘いパントへ。
そのパントリターンで#11RB山田が好リターンを決め自陣44ヤードまでゲイン。
再び#10QB小島が#88WR大滝へ連続パスを決めると、残り12ヤードを自ら突進しタッチダウンラン。21-0とした。

次のシリーズはディフェンスが#9DLトゥイカのパーソナルファールを取られ15ヤード罰退。
直後にロングパスを決められ、#41DL中村がフェイスマスクの反則。パイレーツに残り7ヤードまで攻め込まれる。
しかしここで#33松川のラッシュでパイレーツのインテンショナルグラウンディングの反則となり4thダウン。パイレーツはフィールドゴールを狙うも失敗に終わる。
再びライズの攻撃となるが、ここで前半終了となる。

第3Q、パイレーツのレシーブだったが、ライズディフェンスが押さえ込みパント。
#19WR中田が好リターンを見せたかにみえたが、不正なブロックの反則により自陣33ヤードまで罰退。
ライズQBは再び#5木下に。パスで攻め込むもホールディングの反則などがからみ4thダウン。
ここでギャンブルを試みるが、失敗。攻守交替となる。
この後のパイレーツの攻撃はフォルススタートの反則があったもののいいテンポで進んでいく。
パイレーツ攻撃のまま第3Qが終了。

第4Q、引続きパイレーツの攻撃は、ゴール前1ヤードを残し4thダウンとなるが、パイレーツはギャンブルに出てこれを成功させる。
ライズディフェンスは1stダウンでロスをさせたものの、2ヤードを押し込まれタッチダウン。TFPは失敗に終わり、21-6となった。

ライズの攻撃は#16WR出澤への20ヤードパスや#25RB東松、#5QB木下の自らのランで敵陣に攻め込み、パイレーツのパーソナルファールを誘う。
敵陣15ヤードから#15WR出島がパスキャッチ。ディフェンスに囲まれながらもエンドゾーンに飛び込みタッチダウン。
TFPも決まり、28-6となる。

パイレーツの次のシリーズ。ライズディフェンスはフェイスマスクの反則やランプレーでゲインを奪われたが結局4thダウンに追い込み、ギャンブルも今度はしっかり止めた。
変わってライズオフェンス。#36RB鈴木のランでロングゲイン後、好調の#10QB小島がパスを絡めながら、自身のランで爆走。
最後は#20RB杉原への15ヤードのタッチダウンパスを決め、35-6とし、試合終了。
ライズが4勝目をあげ、1stシリーズは4勝1敗となりEASTディビジョン準優勝が決定した。

今試合はオフェンス、ディフェンスとも罰退の大きい反則を犯していたのが気になるところだが、力強く良いシリーズも見られた。
上位チームと戦う2ndステージは、更にレベルアップした熱戦を期待したい。

ヘッドコーチ談話

リーグ戦最終節、明治安田パイレーツ戦は35対6で勝利する事ができました。
たくさんの応援、ありがとうございました。

毎試合、チームとして課題を持って臨んでいますが、なかなか満足する結果を
得る事ができません。オフェンスはオープニングのドライブを上手く遂行する事が
できず、意識しているはずの反則も増加しました。ディフェンスは試合を通じて
タックルミスを繰り返し、度々ドライブを許しました。試合内容としては、決して
良かった内容ではなかったため、試合後の選手達の顔を見ても、誰一人として
満足している様子の選手はいませんでした。

セカンドステージに向けて課題は山積しています。しかし、それらひとつひとつに、
チーム一丸で力を尽くしてぶつかれば、必ず越えられると信じています。
まずは、日々のトレーニングとトリートメントを徹底して行い、週末の練習では
ファンダメンタルを大切にした内容の濃い練習を行いたいと考えています。

セカンドステージの2試合では、私たちが優勝する資格があるチームだという事を
証明しなくてはなりません。それは選手達がプレーするフットボールの質は勿論、
我々コーチやスタッフの質も問われるということです。私たちは全員でそれを
やり遂げてみせます。

やっとスタートラインに立つことができました。ここからの試合は全て厳しい試合に
なる事は覚悟していますが、皆さんの声援を力に変えて頑張って参りますので、
引き続き応援よろしくお願い申し上げます。

OVER THE TOP !!
ノジマ相模原ライズ
ヘッドコーチ 須永恭通