秋季リーグ 第3戦

2017.10.1

NEXT GAME

相模原ギオンスタジアム

12:30 開始

2012 Xリーグ PEARL BOWL 準決勝 vs 富士通フロンティアーズ 試合結果

2012/6/9(土) 14:00キックオフ @川崎球場
得点経過 スタッツ 個人記録 試合レポート ヘッドコーチ談話
ノジマ相模原ライズ 6 - 31 富士通フロンティアーズ
3 1QT 7
0 2QT 0
3 3QT 17
0 4QT 7
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG
1 6:59 FG #16 井澤 24                        
                  1 8:33 RUSH #6 神山 3 KICK #11 西村 G
3 3:41 FG #16 井澤 25                        
                  3 6:01 FG #11 西村 42      
                  3 8:47 RUSH #30 金 35 KICK #11 西村 G
                  3 13:26 RUSH #32 後藤(哲) 1 KICK #11 西村 G
                  4 1:05 RUSH #32 後藤(哲) 35 KICK #11 西村 G
スタッツ
15 (8 − 6 − 1) ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 14 (6 − 8 − 0)
29 − 11 − 1
102Yds
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト / 獲得ヤード 18 − 13 − 0
156Yds
39 − 182Yds (ラン) 回数 - 獲得ヤード 44 − 203Yds
68 − 284Yds (攻撃) 回数 - 獲得ヤード 62 − 359Yds
10 − 100Yds (反則) 回数 - 損失ヤード 4 − 40Yds
3-2 (ファンブル) 回数 - 喪失 2 − 1
3-2 (フィールドゴール) 回数 - 成功 1 − 1
30:44 TIME OF POSSESSION 29:16
個人記録
RUSHING
NO. PLAYER ATT YARDS TD LG    
5 木下 13 71 0 16
28 杉原 12 62 0 12
36 大谷 6 28 0 6
34 1 12 0 12
35 金子 1 5 0 5
10 小島 2 3 0 5
21 東松 4 1 0 5
PASSING
NO. PLAYER ATT COMP INT YARDS TD LG
5 木下 27 11 1 102 0 22
10 小島 2 0 0 0 0 0
RECEIVING
NO. PLAYER NO YARDS TD LG    
7 井本 3 45 0 22
89 3 24 0 14
16 井澤 2 19 0 11
81 井上 1 9 0 9
36 大谷 2 5 0 4

試合レポート

2012年6月9日(土)、雨の降る川崎球場にて春のパールボウルトーナメント準決勝が行われた。相手は昨年秋に敗戦した富士通フロンティア―ズとの対戦。

試合はライズのキックで開始された。富士通の攻撃は自陣16ヤードから。一度のフレッシュを許したものの自陣内で抑え込み攻撃権がライズに代わる。自陣44ヤードからRB杉原のランを軸に相手陣まで攻め込むが、富士通ディフェンスに阻まれてパントで攻守交代。しかし、富士通のリターナーのファンブルがあり、これを抑えたライズに攻撃権がまわる。敵陣14ヤードから攻め込み、最後はK出澤によるFGが成功しライズが先制点を取る。(3-0)しかし、その後の富士通の攻撃でランプレーにより自陣まで攻め込まれTDを許してしまう。TFPも成功して7点を追加された。(3-7)その後は互いにフレッシュを許さない攻防が続く。再び攻撃権を得たライズだが自陣30ヤードでファンブルし、攻撃権を渡してしまう。DL中村のQBサックなどの好プレーもあったがこのまま1Qを終了する。

2Qが開始され、始めは互いにフレッシュを与えない攻防が続く。3down1の厳しい状況も新人DB山口の好タックルでディフェンスが粘り、残り1ヤードも与えることなくパントに持ち込む。しかし、自陣16ヤードからの攻撃も富士通ディフェンスに止められ、再び富士通に攻撃権が渡る。残り2:11を迎えた頃、雨がいっそう強くなる中、自陣36ヤードから開始されたオフェンの攻撃はRB大谷のランプレーやQB木下からWR出澤、WR井本へのパスが次々に成功し、敵陣25ヤードまで攻め込むも、TDには繋げられず、FGを試みるも惜しくも失敗。追加点を得ることもなく3-7のまま前半を終了する。

ハーフタイムが明けて追加点がほしいライズ。3Qは新人RB山田の64ヤードリターンのビックプレーで開始された。この勢いに乗りたいライズは敵陣26ヤードよりRB杉原やRB大谷のランで敵陣10ヤードまで攻め込み、TDには届かなかったが、K出澤がFGを成功させて3点を追加する。(6-7)このまま、相手に追加点を与えず粘りたかったが、直後の富士通の攻撃でFGを成功されて追加点を許してしまう。(6-10)その後の攻撃ではランやパスで攻め込むものの富士通ディフェンスに阻まれフレッシュを獲得できない状況が続く。その間、富士通に2回のTDを許し、さらに点差を広げられた。(6-24)流れを掴みたいライズはQB木下からTE東へのパスを成功させるが、自らの反則により厳しい状況に追い込まれ、4Qへ突入する。

続く4Q、追加点がほしいところだが、インターセプトで攻守交替。敵陣35ヤードから開始された富士通の攻撃。これ以上の追加点を与えたくないディフェンスは必至に止めに入るが富士通のランプレーによりTDを許してしまう。TFPも成功。(6-31)その後のシリーズでは追加点を得たいがフレッシュを獲得できず、パントにより富士通に攻撃権が渡る。この試合2度目のDL中村のQBサックもあり富士通にフレッシュを与えず攻撃権が戻ってくるが、最後まで流れを引き寄せることができずそのまま試合終了。

準決勝敗退により、2012春のパールボウルトーナメントを終えた。秋に向けて課題も多く残った内容だったが、秋のシーズンに向けてさらなるチーム力の向上を図らねばならない。

ヘッドコーチ談話

富士通戦は大変な雨の中、大勢のファンの皆様にお越しいただきまして、誠に
ありがとうございました。残念ながら6-31という大敗を喫する結果となり、
パールボウルへの進出はなりませんでした。

昨年の最終戦に引き続き、富士通には2戦続けて大差で敗れました。この差を
あと数ヶ月でひっくり返すには、チームに関わるすべての人間が、相当な覚悟を
持ってフットボールに取り組む必要があります。反則とファンブルを懲りずに
繰り返し、タッチダウンゼロでは、強豪チームに勝つことはできませんし、優勝する
資格はありません。

富士通戦直後のチームは、選手もスタッフもこれ以上前に進めない程に、落ち込み
ました。ファンの皆様の期待に応えられなかったことに対しては勿論ですが、
自分達も、変わり始めたチームと自分達の力に大きな期待と自信を持っていたから
です。私もパールボウルという大きな舞台に出場して、選手達の力とライズの
素晴らしさを証明したい、そう思っていました。

試合翌日に行いましたチームミーティングでは、全員で様々な反省と改善策を
話し合い、秋季リーグ戦に向けての気持ちを確認し合いました。私が考えている
以上に、ライズの選手は強く、前に突き進む力を持っています。勝つまで癒えない
悔しさを胸にしまい、顔を上げてファイティングポーズをとり、前進を始めました。
ノジマ相模原ライズはライスボウル優勝に向けて再始動しました。ファンの皆様も
敗戦の夜は、眠れない程の悔しい一夜を過ごされたことと思いますが、少し休んで
から、もう一度ライズに力をいただければ幸いです。スタジアムで皆様に強いライズを
お見せできるよう、チーム一丸で取り組んで参ります。秋季第一戦、スタジアムで
お会いできることを楽しみにしております。

OVER THE TOP !!
ノジマ相模原ライズ
ヘッドコーチ 須永恭通